pgpool-II導入

Postgresqlの高速化のためにpgpool-IIを導入しました。

PostgresqlはWEBアプリケーションなどから接続要求をしたときにMySQLとは違いプロセスを生成するのでコストが高いのですが、
pgpoolの一部機能に、そのプロセスをプールして使い回すことによって接続時のオーバーヘッドを減らすことが出来る物がある
特にWEBアプリケーションは接続ごとに再接続するのでプールするのは効果が高いといわれています。

MySQLは確かスレッドを生成するだけだったと思うのでプロセスほどのオーバーヘッドでは無かったような気がする。(間違ってたらすみません。)

オンメモリクエリキャッシュなどの機能もあるようなんですが、今のところ有効にはしていません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。