iPad Pro(2017) 10.5inch

iPad Air(無印)から表題のiPad Pro 10.5inch (64GB)へ買い替えました。

約7万円しました。ノート代わりになるかなと思ってPencilも買ったから計8万円くらい

スマホはAndroidでもいいけど、値段は高いけどタブレットはやっぱAppleですね~
動作もAirよりめちゃくちゃ速くなった。
Pencilもつるつる感は多少あるものの書きやすい。

しかし、電池持ちは悪くは無いですが特別長いというようにも思いませんね。
それでも動画とか、PCリモートコントロールとか重めな作業で使っても1日は持つ感じ。

記事の続きはWi-Fiネットワークとかを一新したのでそれ関連。

続きを読む →

電子タバコ

同僚とかの影響で、なんとなく電子タバコ買ってみた。
C-Tec Duoってやつ。ニコチン・タール含有0のやつだから電子タバコって分類なのかはよくわからないけど。

スターターパックはamazonで2,000円でした。定価は2,400円くらいだったかな。
フレーバー(味)はメンソール・エナジードリンク(!?)が同梱。
ケースは付いてなかった。
十分安くてお試しには良いと思った。

続きを読む →

HP ENVY17-j100/CT&SSD換装

DSC_0020

 

DSC_0018

 

 

HP ENVY17-j100/CTが先週届きました。 まぁ先週はほとんど触れなかったので、先ほどSSD 240GBに換装してクリーンインストールが完了したところです。
なんだかんだ言ってもSSDにするとやめらんないですね。 標準でSSD付けられるオプションがあれば良かったのに

ちなみにこの機種は噂によるとSSDでファクトリリセットがうまく行かない事例があるようです。
かくいう私も「工場出荷状態」でリカバリをかけたら最後のほうで復元エラーが発生しました。
しかし最小構成でリカバリ的なメニューがあったのでそれでリカバリしたところ、うまくいきました。
使用SSDはIntel SSD 530 Series 240GB (SSDSC2BW240A4K5)
その他の構成は一つ前の記事をご覧ください。

多少製品レポートもしておきましょう。つづきへ

続きを読む →

Logicool M570

トラックボールタイプのマウスを買いました。
Logicool M570です。

トラックボールは親指で操作するタイプ
スクロールホイール付
5ボタン
レーザー
無線(単3電池1個)

基本情報は上記のとおり

値段は場所によりけりだと思いますが量販店などで高くても4,000-5,000円くらいで買えるかと
私はヤマダ電器のポイントがあったので4,980-3,041(ポイント)=1,939円で購入

トラックボールを人差し指で操作する方式のものが一般的?だと思うので
どうかと思ったんですが、これが予想以上に良かったです。

ボールの動きに関してはほんの僅かに動かしたいという時に物理的な引っかかりがあること以外はOKです。
(これも使い込んでいくうちに少しマシになるかもしれません)

本体のデザインは艶消しプラなので手垢がつきにくくて良い感じ、まあ若干の安っぽさはありますが。
あと通販で買う人には注意なのですが、結構大きいので手が小さい方や指が短い方は店頭などで触って使用感を確認したほうがいいです

無線接続なので場所を選ばずに使用可能です。寝PCでも使えます。
インターネット、メールなど汎用的なPC利用に使うなら問題ないでしょう
むずかしいのはゲーム、絵描きなど 、細かいポインティング操作はマウスに劣ります。

というわけでこの型は結構メジャーでどこでも置いてるし、安いので腱鞘炎対策や単にトラックボールに興味がある型におすすめです。

三菱RDT234WX

三菱ディスプレイ Diamondcrysta RDT234WXを衝動買い。3万円也

  • パネル
    IPS方式
    ノングレア(反射防止)
  • バックライト
    LED
  • サイズ
    23インチ 1920×1080 (16:9)
  • インターフェイス
    HDMI 2系統(サイド)
    DVI 1系統(リア)
    D-SUB 1系統(リア)
    D5 1系統(サイド)
    ステレオミニジャック

スペックは上記のとおり
ノングレアのディスプレイに変えたかったのと24インチくらいのディスプレイに入れ替えたかったから
本当は元々1680×1050で16:10のディスプレイだったから1920×1200の同じく16:10に乗り換えたかったんだけど
売り場に1個も無いとは…驚いた。

—————————————-

以前の記述では色がおかしいなどを書いていましたが
ATIのグラフィックボードの設定の
「マイデジタルフラットパネル→ピクセル形式」が「YbCbCr 4:4:4 ピクセル形式」になっているのが原因のようでした…
これを「RGB 4:4:4 ピクセル形式PC標準(フルRGB)」にすると今まで通りの落ち着いた色になりました。
これの設定をしない状態だとホントにギラギラしててテレビでパソコンやってるような感じでした

でもこれを設定したことは無いし、ドライバーの再インストールも試しているんですよね。これがデフォルト値って不思議

さて、これで比較的正当な批評が出来そうです。
当方の接続はHDMIです

パネルや画質について ★★★☆☆
さすがはIPSパネルです。視野角はかなり良好
ノングレア加工も良い感じです。全然反射しない
映像や画像は光沢パネルにも劣らない美麗さです。
ただし、残念なことに赤文字が滲みます
他の色つきの文字も滲んでいるみたいですが、赤以外は近くで見ないとわかりません
白背景に赤文字を書けば誰でも滲みを確認出来ます
ドット落ちも無く、完璧かなと思っていたのでこれは残念な点です。

設定の超解像をオフにするとほぼ滲みが無くなります。

スピーカーについて ★☆☆☆☆
期待はしてませんでしたがすごく音質が悪い

デザインやインターフェイス配置について  ★★★★☆
細いし、軽いです。正面フレームも艶消しなので反射しない、たまーにパネル自体はノングレアなのにフレームがつやつやで反射する品物がありますからね
インターフェイスは何故かHDMI x2とD5、音声がサイドに付いています。よく曲がるケーブルなら正面から見てもハミ出ませんが、L字のケーブルがあったほうが良いです。

オプション品について ★★
ディスプレイの設定用のリモコンと色調整用ソフト+チャート紙がついてきました。
ケーブルは音声、DVI、D-SUB、電源が付属
台座が金属製だったりするのも地味にGoodです

設定項目について ★☆
リモコンがついてくるだけあってOSD設定項目が多い
なので設定はしやすくて良い しかし明るさ/コントラスト程度の設定をしたら終わりにしたい人にはあまり勧められない
しかし電源ランプの明るさなども設定でき、細かいところの調整ができます

総合評価 ★☆  
色の設定に気がつくまでは最悪な気分でしたが
それが直ると結構良い感じになったので★4です。おおむね価格コムなどでの平均評価もこれくらいです

日本メーカーらしい細かい気遣いがあったりするのでそういう所は良いと思います

Windows 7

久しぶりの更新

少し乗り遅れた感はありますが、メインPCのOSがWindows7の64bitになりました
(スクリーンショットは世にほかのも溢れているので見出し的な小さいSSで…)
サブPCはWindowsXP 32bitなので何かのアプリで互換性に問題があっても一応安心
Windowsが自動でインストールしてくれるドライバの数が豊富ですばらしかったですね、私のPCで自動でインストールされなかったのはCreativeのX-Fi XtreamGamerくらいでした
と言ってもグラフィックドライバとかは結局最新のに入れ替えるから勝手に入れないで欲しかったり
Vistaを使ったことがあれば割とすんなり移行できると思う
Vistaはウィンドウをたくさん開くともっさりした動きになりますが、7では緩和されているようです。
(PC性能にも大きく左右されると思いますけど…)
タスクバーは太くなってるけど、アイコンしか表示されないのですっきりします。それがいいかどうかは個人差がありそうな…
ゲームPCとしてはどうか?っていうのは今のところわかりませんが、たとえばOblivionなんかはWindowsXPと同じくらい快適に動いています
MODのツール系であるObMM、WryeBashなんかも動いてる、公式ツールのCSも正常
FO3はまだ起動していないのでなんとも
オンラインゲームをやるなら移行は対応が確認出来るまで控えたほうがいいでしょう
nProなどを代表とするチートガードに引っかかると言われてます
アプリケーションの互換問題も今のところ問題ない
というか明らかにだめそうなものは避けてるので…(システム系)

クルトガ(シャープペン)


クリックで原寸画像
前から気になってたんですが買ってきました。
ハイグレードのほうです、1,050円もしました…今まで買ったシャーペンの最高値記録
通常タイプのほうは友達に貸してもらって書いてみたりしたことはあったから、大体どんな感じかわかってたんだけど
(むしろこれがクルトガシリーズに手を出そうと思ったきかっけ)
ハイレグレードはさすがに周りで持ってる人いないし、どうなんだろなーと思った次第
クルトガの最大の魅力はやはり字が太らないこと、一定の太さで書けます!
利用頻度だと今はボールペン<シャーペンだから、これはなかなか助かる
逆にボールペンなんて100円ぐらいのしか使ったことありません…
ハイグレード版に関しては、少し重み付けがされていて、低重心に改善されていたり、グリップがアルミ製で出来ていたりします
高いだけあって、ちょっと高級感があります
良い点ばかり書きましたが少し悪い点もあります
ギアを回転させるために若干筆記したときにグラつきます、通常版はこれが顕著で嫌でした。ハイグレードは少し良くなっている様子
自分は平気だったけど、グリップが金属(アルミ)なのは人によっては使い心地が悪いかもしれません、肌が乾燥していると滑るので
通常版のほうはプラスティックだったと思います。
私は1000円払う価値はあったと思ってます
値は張りますが、人によっては非常にオススメです
文房具屋などに足を運んだときは試用品があれば少し試してみてください

マウスパッド(DP SOFTTYPE)


買いました、値段は2,300円。同じくおいてあったSteelSeriesはもっと高かったので良心価格でした
ちなみにDHARMA POINTのSOFT TYPEです。(布タイプです)
サイズは300(W)x260(D) (ミディアムサイズ)
SOLID TYPEと悩んだんだけど、SOLIDは意味の通りザラザラしててマウスのソールがすぐ削れそうで…ね…。
現に削れやすいらしいです。しかもサイズラインナップが350(W)x250(D)しかなかったんだな、でかすぎだよ
滑りまくるのは性に合わない気がしたし
まぁこのミディアムサイズでも十分でかいけど、小さくてマウスが飛び出るのを味わうのよりましかな、なかなか安かったし
感想としてはまだゲームはプレイしてないんでまだなんとも言えないけど、通常使用ではとりあえず問題ない
あと横にでかすぎる場合、縦にして使ってもまったく問題ない、今のところ気に入ったよ
マウスパッド買った理由のひとつとして机の汚れの影響をモロにうけることがあったんだよね(机がマウスパッド状態だったから)、それも多分問題なくなるからうれしい
今は非常にアンバランスな見た目だけど机は買い換える見込みなので問題ない