箱庭諸島をJAVAで作る(2)

新規島の自動生成機能は完成した。(上記の島も自動生成)
開拓画面は8割くらい?出来た。

スマホ表示の場合。Bootstrapでレスポンシブ対応。
縦画面だとマップサイズ10以上の場合は横にはみ出るけど、スクロールできるようにしてある。

スマホは最初長押しでメニュー展開にしてたんだけど、Androidだとどうしても標準メニューと干渉するから止む無くクリック(タッチ)判定にした。
iPadだといい感じだったんだけどね~…

PCはマウスオーバーで地形情報、右クリックでメニュー展開にした。
コマンドリストはD&Dで並べ替えできるようにしてある。スマホなら指でD&D

今週末からはターン処理を書こう。

箱庭諸島をJAVAで作る(1)

結構昔に遊んでたブラウザゲームの箱庭諸島を
Java+HTML5で作り直して使い勝手、コンセプト含め現代的(?)にしてみようかなと思っています。

Javaを選んだのは仕事でもJavaばっかりでほかの言語チョイスするのはキツいから。。。

コンセプトですが、ゲーム性はあまり変えませんが流れを早くするつもり。

従来は…
島を登録する→島の開拓画面へ→開発コマンドを一通り入力する
(ここで数時間~数十時間待つ必要あり)

運営サイトによりこの数時間という設定は幅がありまくりですが、
概ね1コマンド(ターン)2時間~4時間くらいが多かったと思います。
ガッツリやりたいと思っても1日にほんの僅かしか島に動きが無いということ。
これは現代のスマホゲーに慣れた我々にはつらい。
個人的にはスマホゲーのいわゆる「スタミナ制」も嫌いです。

というわけで開発中のゲームでは1ターンは2分とする見込みです。
実験してみてもっと速くていいと思ったら1分にするつもり。
バッチ処理時間考えると2分でギリかな

ただ、時間の巡りだけ速くして他が元仕様どおりだと少し放置しただけで島が崩壊しますが
そもそも私がやろうとしてるのはPerl→Javaのコンバージョンではなく箱庭諸島を元にフルスクラッチで新たな箱庭諸島を作るって感じなので、一通りの仕様は変えてしまうつもり。

流れを早くする=ゲーム寿命が縮む件はまだ考えられてない。
今はあんまり細かいこと考えずにとりあえずやってみようかなと

続きを読む →

ポケモンGO

Screenshot_20160725-204556

日本リリース早々かなり流行ってますね

休み中は出来なかったけど
話のネタのためにもなるので今日の仕事帰りがてらやってみました

このアプリが契機の事故、事件が早速あるみたいなのでプレイする皆さんはお気を付けください。

FF13(PC版)

ff_launch

 

10月9日にSteamでファイナルファンタジーXIIIがリリースされたので買いました。
リリース前に買ったので10%引きで1,620円也

なぜか自分の環境だとランチャーが上記のようにバグります。ゲームは正常に動いているから良いのですが・・・
即パッチが出て直されたようですが、「Play Game」が「Paly Game」だったりしたらしいです。

自分はPS3は持っておらず未プレイだったのでそこそこ楽しめています。
25時間ほど掛けてようやく11章の平原に出れて楽しくなってきたところです。一本道とか言われていましたが、冗談抜きで11章まではそうでした・・・
大概のJ-RPGも同じなんでしょうけど途中に買い物とかができる街が無いから顕著にそう感じるんでしょうか?
(このゲーム基本的にダンジョン→ムービー→ダンジョンの流れしか無いので)

ストーリー面ではよくファルシだのコクーンだの用語でネタにされるFF13ですが、言われているほど分かりにくくない
特にオートクリップというストーリー進行とともにメモみたいなのが増えていくのでこれを読めば少なくとも理解できる
個人的には悪くないかなあと思うんですけどね

戦闘は最初のうちは楽しんでいましたが、中盤後半に進むにつれて難易度が上がります。雑魚敵でも数によっては適当にやってると普通に死にます。

画質等は一切設定できないというPCゲーとしてありえない仕様です。
解像度は720p固定です。その他の設定はデフォルトでどうなっているかは知りませんが
NVIDIAコントロールセンターなどグラボの設定ツールでカスタム設定してやるとそこそこ良くなります。
特にAFはx16にしておくと良い感じです。 さらに拘る人は非公式の外部ツールで解像度をいじるようですが・・・
ちなみにゲーム容量は30GBもありますが、動作は軽めです。
→プレイしているマシンのスペック(ノート)

FF13-2とLRもPCでリリースする予定があるらしいです。
和ゲーがPCで出るのは喜ばしいので出ればすべて買う予定ではいますが
価格帯が低いので見合っているといえばそうかもしれませんが、もう少し移植時の調整を頑張ってほしいものです。

LastRemnant並の移植でお願いしたい。

Skyrimでキャラメイク

ようやくまとまった時間が取れるようになったー
Steamを立ち上げたの大体1~2ヶ月ぶりくらいだろうか…
てことで新しいパッチ、高解像度テクスチャDLCなどを入れたSkyrim環境を整えました。
英語版EXEでの日本語化も手順が簡単になってるね
セーブデータも作り直しー、Nordだったから今度はImperialで

とりあえずこんな感じ…
案の定光源によって美人になったり不細工になったりします
[:ボックス1:]メッシュ
[:右:]RANs HeadMesh Variants
[:ボックス1:]テクスチャ
[:右:]necKros’ Beauty Faces for females
[:右:]envision Face
[:ボックス1:]その他(唇、目、髪の毛、パラメータ)
[:右:]Detailed Lips
[:右:]High Quality Eyes
[:右:]ApachiiSkyHair
[:右:]RANs Tweaked FaceMenu
とまあこんなふうに私は組み合わせました。目はちょっと他の物を探してるんですが
しかし、Oblivionより調整パラメータが少ないし、連動しないから気楽にキャラメイク出来ますね。

TESⅤ : Skyrim

年末年始にはセールで25%引きくらいにはなるかもしれなかったけど
買ってしまいました、円高な上に$59.9だし良いよね
システム的にもグラフィック的にも前作のOblivionを越える出来でとても良いと思います
ただ、日本語版を別にしたのは納得できません…パッチも古いのでバグが残ってますし
なのでSteam言語を英語にしたときにDLされる英語版EXEに差し替え+4GBパッチ(*)を当てるのがおすすめです
これをやるだけで何時間やっても不正終了は起こらなくなりました
(*4GBパッチはメインメモリを4GB以上実装している人のみ)

Skyrim - 300 Solitude guards vs 1 dragon (YouTube)


この動画かっこいい
NPCをこれだけ置いても今回はそこまで重くないのかな
MOD制作ツールのCreationKitは2012/1公開みたいなのでMODが本格的に盛り上がるのは来年からですね。

Overlord (追記)

およそ1ヶ月ぶりの更新になるわけですが
Steamでハロウィンセールが実施中です
大体がホラーゲーなので恩恵が無いんですが、Overlordはかなりおもしろそうです
トレイラーなどを見る限りピクミンっぽいゲーム
Overlord Complete Packですべてのシリーズが入ってセール価格4.99$(約375円)なのでかなり安いです
セールが終わったとしても19.99$です
---------------------------------------------
ゲーム自体は英語ですが、字幕日本語化が存在します
少しゲーム内容紹介も…
プレイヤーは復活した魔王です
魔王の従順なしもべの”ミニオン”と随伴しゲームを進めます

[クリックすると原寸大画像が出ます]
ミニオンには4タイプ存在します
左からグリーンミニオン・ブラウンミニオン・レッドミニオン・ブルーミニオン
それぞれ特徴的な能力を持っているため状況により使い分ける必要があります
グリーンミニオンは毒に耐性があり、毒を発する障害物を取り除く事が出来ます
攻撃面においてはガードマーカーに待機させると不可視になり敵が近づくと強力な奇襲を行えます
しかしながら白兵戦においてはブラウンほど攻撃防御発揮できません
ブラウンミニオンは一番最初から連れることの出来るミニオンです
部隊の主戦力として活躍します、白兵戦においても数がいれば強力です
レッドミニオンは火に耐性があり、燃える障害物を取り除く事ができます
非常に脆弱で少し攻撃を受けるだけで死んでしまいます、そのかわり火玉による遠隔攻撃が可能なので強力な後衛となります
ブルーミニオンは唯一泳ぐことが出来ます
魔的(ウィスプ等)な存在に対しては強いですが、それ以外に対してはほとんど無力です
しかしガードマーカーに待機させることで倒れたミニオンを蘇生することが出来ます
激戦が予想される戦いにおいては必須と言えます
ミニオンの部隊を編成するとパーセンテージ表示が出て初期は100%です
敵を倒し略奪品などをミニオンが身に着けることでパーセントは上昇しその分強くなったことを表します
強力な敵に立ち向かう場合においては結構重要な要素になります
さらにプレイヤーとなる魔王もそれなりに戦えます。
武器、鎧を製造することが出来ますし、”備品”を集めることで魔法を使用することも出来ます
習得する魔法は行動によっても変化するようですが…例えば次のようなものがあります
炎で攻撃する魔法、敵の動きを遅くする魔法、ミニオン達の攻撃力等を一時的に強化する魔法…etc
そして魔王には善悪の行動の選択も委ねられます
魔王らしく悪逆非道の行いをするのも良いですし、寛大な心を持って善の行いをするのも良しです。

Steamってこんなに遅かったっけ


SteamでFallout : New Vegasを買ったのはいいんだけど、ダウンロード速度が遅すぎる
57KB/秒ってなんだ…速くなったと思っても500KB/秒 程度
家のネット自体が遅くなってるのでは!?と思って実測値を出したけど60Mbps出てた
この速度じゃ明日日曜日に遊べるかどうかも怪しいよ​(◞‸◟)
セール待たずに49.99$で買ったし…普通にパッケージ買いに行けばよかった。
あとTeamFortress2も無料になってたからダウンロードしようと思ったら速度遅くて断念
前にほかのゲーム購入したときは速かった気がしたんだけどなぁ…

オプションで国を変えたりすると改善したりすることがあるようですが…

Minecraft

「Minecraft」というインディーズゲームが最近人気沸騰中のようです
2010年中旬に発売を開始し現在までに100万セールスを記録しています、制作者は現時点で約12億以上稼いだそうです
Javaで制作されJavaが動作するすべてのプラットフォームで動作します
最近のゲームにしては非常にレトロ調なグラフィックが特徴です。
そして無限に生成される地形もまだ特徴のひとつ、自動生成にも関わらずとても自然な地形が出来上がります
外見に惑わされるとたいしたゲームではないと思うかもしれませんが、RedStoneというアイテムで論理回路が作れたり等奥が深いです
ストーリーはありません、新規ゲームを開始したとたん自動生成のマップに放り込まれてサバイバル生活が始まります
そして夜になるとモンスターが出没するためプレイヤーは明るいところで夜をやり過ごす必要があります
マルチプレイも可能、他のプレイヤーと協力して建造物を造る、ダンジョンを一緒に探検する等を楽しめる
このゲームはまだベータ版で、価格が製品版より安くなっています。
製品版になると20ユーロ
現在のベータが14.95ユーロ(約1600円 ユーロの価格による変動あり)
お得だと個人的には思います。
YouTube、ニコニコ動画、同生放送などで結構な量の動画が投稿されています。
かくいう私もニコニコ生放送でこのゲームを知り購入に至りました。
こういう自分でやりたくなるゲーム動画に関しては非常に販促になりますね
ただ、現在購入方法がクレジットカードによるものがメインとなっています
既にMinecraftを持っている友人が周りにいればギフトコードを発行してもらうことも出来ます
クレジットカードが無い場合、PaypalでWebMoneyをユーロに換金して購入することも可能なようです
多少人を選ぶゲームといわざるを得ないのも事実なので先に色々と動画をチェックすることをおすすめします
Oblivion等のゲームが好きならまず気に入るでしょう
興味があればぜひどうぞ
>>Minecraft公式サイト<<
無料の体験版で先に動作を試すことをおすすめします
このゲーム結構鬼畜なので基本操作に慣れるまでは難易度Peacefulでやる事をおすすめします
この難易度では敵が出没しません、慣れたらNormalなどに戻すといいでしょう
ちなみに死ぬと所持アイテムがすべて死んだ場所にばらまかれて一番最初の地点に戻ります(ゲーム開始地点)
貴重なアイテムを持った状態で死ぬと非常にへこみます