[Linux] Cacti システムの温度グラフ

Linuxサーバでシステム温度とHDDの温度をモニタする方法をレポートします
事前条件
表示するためにHTTPサーバが必要です、Apacheなどをインストールしてください
グラフ生成にRRDTool 表示とRRDTool設定にCactiを使用します
温度取得にhddtempとlm_sensorsが必要なので予めインストールする(どちらもyumでインストール可能)
(lm_sensorsのほうはsensors-detectで設定しておいてください)
基本的なLinuxの知識
以下に記述する2個のシェルスクリプトを作成して保存します
hddtemp.shとして以下のスクリプトをcactiの配置フォルダ以下のscriptsに保存

#!/bin/sh
temp1=/usr/sbin/hddtemp -n /dev/sda
temp2=/usr/sbin/hddtemp -n /dev/sdb
echo -n “HDD1:$temp1 HDD2:$temp2”

systemp.shとして以下のスクリプトを上述の位置に保存
(CPU温度などは環境により抜き出すべき場所に違いがあると思います、黄色字の部分を編集してください)

#!/bin/sh
tempcpu=sensors | grep -w "Core 0" | cut -d "+" -f 2 | cut -c1-2
tempmb=sensors | grep -w "MB Temperature" | cut -d "+" -f 2 | cut -c1-2
echo -n “CPU:$tempcpu MB:$tempmb”

念のため2つのファイルのグループ/オーナーをcactiにしておく
次にcactiに管理画面に行く(http://サーバURL/cacti/)
(以下の手順においてはHDD温度のグラフ作成部分のみ紹介しています、CPUとM/B温度の設定も同様です)
Data Input Methods
Name : Linux - HDD Temperature
InputType : Script/Command
InputString
sh /scripts/hddtemp.sh
[Create]する
OutputFields
[Add]
Name : HDD1
[Create]
[Add]
Name : HDD2
[Create]
FriendlyNameはなんでも良い
[Save]する
Data Templates
DataSourceItemに2個追加する
Name : HDD Temperature
Name : HDD Temperature
Data Input Method : Linux - HDD Temperature
InternalDataSourceName : HDD1
MaximumValue : 100
Output Field : HDD1 - Temp
[Create]する
[New]する
InternalDataSourceName : HDD2
MaximumValue : 100
Output Field : HDD2 - Temp
[Save]する
Data Sources
Selected Data Template : HDD Temperature
Host : Localhost (127.0.0.1)
[Create]する
[Save]する
Graph Templates
Name : HDD Temperature
Title : HDD Temperature
[Create]する
Graph Template Itemsに必要なグラフ項目をAdd
DataSource - > 対象のHDDを選択する(ex. 「HDD Temperature - (HDD1)」)
Color -> 折れ線の色
Graph Item Type -> LINE1~3はグラフに折れ線を描く場合(太さ)/GPRINTは凡例に表示
Consolidation Function -> 表示する項目(Last=現在/Average=平均/Max=最大/Min=最小)
TextFormat -> 凡例に表示する場合の文字
Insert Hard Return -> 凡例を改行する場合
最後に[Save]を忘れずに
凡例を2行にする場合(1回でもInsertHardReturnをする場合)は最後のアイテムで改行しておかないと表示がズレます
Graph Management
[Add]する
Selected Graph Template : HDD Temperature
Host : Localhost (127.0.0.1)
[Create]する
Data Source [HDD1] : HDD Temperature (HDD1)
Data Source [HDD2] : HDD Temperature (HDD2)
[Save]する
「HDD - Temperature」のリンクをもう一度クリック
「Turn On Graph Debug Mode」をクリックしてRRDTool Says: OKになっていることを確認する
以上で完成、後は10分後にちゃんと望んでいる値が出ているか確認する
一度GraphManagementでグラフを設定してからGraphTemplateを変更するとグラフが消えるので注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。