Windows 7

久しぶりの更新

少し乗り遅れた感はありますが、メインPCのOSがWindows7の64bitになりました
(スクリーンショットは世にほかのも溢れているので見出し的な小さいSSで…)
サブPCはWindowsXP 32bitなので何かのアプリで互換性に問題があっても一応安心
Windowsが自動でインストールしてくれるドライバの数が豊富ですばらしかったですね、私のPCで自動でインストールされなかったのはCreativeのX-Fi XtreamGamerくらいでした
と言ってもグラフィックドライバとかは結局最新のに入れ替えるから勝手に入れないで欲しかったり
Vistaを使ったことがあれば割とすんなり移行できると思う
Vistaはウィンドウをたくさん開くともっさりした動きになりますが、7では緩和されているようです。
(PC性能にも大きく左右されると思いますけど…)
タスクバーは太くなってるけど、アイコンしか表示されないのですっきりします。それがいいかどうかは個人差がありそうな…
ゲームPCとしてはどうか?っていうのは今のところわかりませんが、たとえばOblivionなんかはWindowsXPと同じくらい快適に動いています
MODのツール系であるObMM、WryeBashなんかも動いてる、公式ツールのCSも正常
FO3はまだ起動していないのでなんとも
オンラインゲームをやるなら移行は対応が確認出来るまで控えたほうがいいでしょう
nProなどを代表とするチートガードに引っかかると言われてます
アプリケーションの互換問題も今のところ問題ない
というか明らかにだめそうなものは避けてるので…(システム系)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。