Notepad++

プログラミングエディタの紹介です

統合開発環境ならばVisualStudioなど有名どころがあります
今ASPの開発の仕事をしていますが、VSの優秀さは本当に素晴らしいの一言につきます

さて…PHP、Perlなどあまり代表的なエディタが無い場合みなさんはどういうもので作っているでしょうか
HTMLやCSS程度ならWindows付属のメモ帳でもある程度の規模までは問題ありません
しかしPHP、Perlなどのプログラミングになると話は別になってきますよね

そうなると言語強調機能や手堅い機能を備えたTerapadを選択肢に入れる人も多いと思います。私自身もそうなので

しかしながらTerapadはSDI型のエディタ(一つのウィンドウで一つのファイルを開く)としては優秀だと思いますが
少しでも規模の大きくなったプログラミングにはSDIでは厳しい …ファイル間の移動でのウィンドウ切替にイライラした経験があると思います。

MDI型のエディタ(一つのウィンドウで複数ファイルを開く)ならばそれもある程度解決できます。

私はまずUnEditorという物を試しました。
日本語ですしタブにも対応しています、言語強調機能もあります。機能的には十分だと思いましたが
タブをいくつか開いた状態での最小化→復帰の動作のもたつきが非常に気になりました(環境依存かもしれません)
即時復帰できないのは私としては致命的なので残念ながら選択肢から外れました。

もう一つのエディタはNotepad++というエディタです。オープンソースのようです。
こちらは標準では英語ですが、日本語定義ファイルが同梱されており、設定から日本語に変更できました。
名前とは裏腹に非常に高機能です。
まず非常に豊富な言語強調機能、マクロ、スタイル設定、高度な検索・置換機能などなど…

PHP編集中の画面のスクリーンショットです。日本語化とスタイル設定(Zenburn)のみ施しています。

動作も軽快です。Ctrl+TABでタブを切り替えることも出来ます。
というわけで我が家のエディタはSDIはTerapad、MDIはNotepad++に落ち着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。